HOT TOPICS !!イチオシの情報

webサイトをリニューアルしました!

台風キター(!!!!)

前回の台風(21号)でも、各地、車に関してはそれなりの被害がありましたが

その余波もさめやらぬ状態で、またしても24号が接近中・・・。

まずは、行政の避難指示などに従って、いや、それ以上に早めの判断で、ご自身、ご家族の身の安全を確保することが重要ですね。

それでも、愛車を台風被害から守りたい!!!

以下は、そんな場合のはまだの個人的なつぶやきです。

まず、車で外出しない。当たり前ですが、不要不急の外出は避けるべきです。何が飛んでくるか判らないですからね。

木の近くに車を置かない。結構、倒木の被害でやられている車をよく見ます。倒木→建物→車というドミノの場合も。。。

危険な建物のそばに置かない。古い家屋が近い場合や、古い看板、古い塀やフェンスなどのそばは危険。倒れてくる、屋根や、壁が剥がれてきそうな建物には近づかない方が。。。

地下駐車場に置かない。大雨の際に、立体駐車場などの地下部分で浸水する被害もよく見ます。しかも、そんな時に昇降装置が動きません。

できれば、地上、過去に浸水の被害があった場所は思い切って大型立体駐車場(自走型)に預けるという手も。(電動パーキングは、故障すると車が出せません)

・・・まあ、なんだかんだ言っても、想定外の事が起こるのが自然災害です。

被害に合ってしまった場合は、車両保険が有効ではありますが、台風被害の際は

保険会社によって、車両事故とは違う対応(等級のダウン幅や、エコノミー契約での対応)になる場合がありますので

被害に合われた方は、一度、保険契約内容をご確認いただければ、と思います。

ただし、鈑金修理に関しては、現時点でも、21号の被害車両修理で、ほぼ、どこの修理工場も受付出来ない状態ではありますが・・・(H30年9月30日現在)

はまだ

※画像はイメージです。本文とは関係ありません。

no_cat | 2018.9.30

http://www.kenzcar.com/no_cat/info_2223

関連する記事

もっと見る