スタッフブログ

トップページ  >  スタッフブログ  >  サンルーフ雨漏れ修理/940/960

最新の記事

スタッフ別記事

月別記事

スタッフブログ

2015.02.15 (浜田のBLOG)サンルーフ雨漏れ修理/940/960

今日は、車検お預かりのボルボ940

雨漏れの修理です。

常に漏れるのではないのですが、豪雨や洗車機などで

ポタポタと水滴が・・・

原因はサンルーフ本体の排水口が詰まって、排水しきれていない、などもありますが

ボルボ940や960/S90/V90シリーズで多いのは本体よりも

サンルーフガラスとガラスのベースプレートの接合不足(隙間)からの水漏れです。

サンルーフ(ガラスの周り)から侵入した水は通常、先程の排水口から排出されますが

ここから侵入した水は、排水口へいかずに直接室内に流れこむ、という症状です。

修理としては、サンルーフガラスをバラして、隙間を修理するのですが

綺麗に修理するのに、作業には細心の注意が必要です。

サンルーフが外れた状態。

DSC09346.JPG

なんだかサンルーフ(ガラス)がないと、

ビジュアル的に心細く感じるのは僕だけでしょうか?

DSC09344.JPG

ガラスとモールを分解して、隙間を埋めていきます。

DSC09345.JPG

いわゆる、コーキング処理です。

これで、組み付けで完成ですが

今日は乾燥させないといけないので、作業はここまで!!!

はまだ

コメントする (公開されます。詳しいお問い合わせはinfo@kenzcar.comまで)

« 前の記事へ | スタッフブログトップへ | 次の記事へ »

ページトップへ